シーバス、チヌ 巴川下流域 実釣レポート 2018年8月12日


週末、静波(静岡県牧之原市)でキャンプをしてきました。
その帰り道、清水によって、釣りして来ました。

巴川は清水港へと繋がる2級河川で清水の街中を流れています。
去年釣りを再開してから、ロッドも2ピースになって、運びやすくなったので、ちょくちょく様子を見にくるようになりました。

ルアーを投げてるローカルアングラーもいて、色々とお話を伺っているうちにこの川にはシーバス、雷魚、なまず、コイ、ボラなどいることがわかってきました。
スモールは流石に見たことないけど、ラージは昔はいたみたいです。

なによりも驚いたのが、チヌがいるんですって。しかもトップで釣れるって。

去年は1度だけ、dogXで早朝にヒットしたのですが、掛かった瞬間にドラグが追いつかないほど持ってかれてそのままラインブレイク。
今年は春に橋脚の下でミノーで70アップのシーバスゲットしました。

で、今日は夕方満潮近くに行ったのですが、ここ数日雨が結構降っていたようで、濁りがひどいのと水量が多すぎて、なかなか難しい状況でした。
しかも草木がぼうぼうで短パンではなかなか入っていけないような感じ。

今年はやってる人が少ないのかもしれない。
逆に言えば、人が入ってない可能性が高いわけで、釣れる可能性も高まるってもんです。

実績のあるポイントは足元まで水が来てて入れなかったので、なんとか藪漕ぎすれば入れそうなところに入ってみます。

IMG_1068.JPG

ポッパーとミノーを試していたのですが、30分もすると遠くで雷が。。
雷はホント危険なので、今日はここまで。
何もつかめずでしたが、まあしかたない。

前へ

スモールマウス 多摩川中流域 実釣レポート 2018年8月3日

次へ

シーバス、チヌ 巴川下流域 実釣レポート 2018年8月14日