MT-IFTTTの使い方。〜IFTTTとコンテンツタイプを連携する〜

mt-IFTTT

MT-IFTTT プラグインでは通常ブログ記事とIFTTTを連携させますが、RSSのカスタム機能を利用することでコンテンツタイプで作られたデータを連携することも可能です。

(1)コンテンツタイプ用のRSSを作成する

インデックステンプレートで以下の様なテンプレートを作成します。 「タイトル」、「本文」などのコンテンツフィールド名を指定している箇所は環境に応じて修正してください。

<$mt:HTTPContentType type="application/atom+xml"$><?xml version="1.0" encoding="<$mt:PublishCharset$>"?>
<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
  <title><$mt:BlogName remove_html="1" escape="xml"$></title>
  <link rel="alternate" type="text/html" href="https://media.wim.jp/test/rss.xml" />
  <link rel="self" type="application/atom+xml" href="<$mt:Link template="feed_recent"$>" />
  <id>tag:<$mt:BlogHost exclude_port="1" escape="xml"$>,<$mt:TemplateCreatedOn format="%Y-%m-%d"$>:<$mt:BlogRelativeURL escape="xml"$><$mt:BlogID$></id>
  <updated><mt:Entries blog_ids="children" include_with_website="1" lastn="1"><$mt:EntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></mt:Entries></updated>
  <mt:If tag="BlogDescription"><subtitle><$mt:BlogDescription remove_html="1" escape="xml"$></subtitle></mt:If>
  
<mt:Contents content_type="test"  lastn="15">
<entry>
  <title><mt:ContentField content_field="タイトル"><mt:ContentFieldValue remove_html="1" escape="xml"></mt:ContentField></title>
<link rel="alternate" type="text/html" href="https://media.wim.jp/test/<mt:ContentIdentifier>.html" />
  <id><$mt:ContentID$></id>
  <published><$mt:ContentDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></published>
  <updated><$mt:ContentModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></updated>
  <summary></summary>
  <author>
    <name><$mt:ContentAuthorDisplayName escape="xml"$></name>
    <mt:If tag="ContentAuthorURL"><uri><$mt:ContentAuthorURL escape="xml"$></uri></mt:If>
  </author>
  <content type="html" xml:lang="<$mt:BlogLanguage ietf="1"$>" xml:base="<$mt:BlogURL escape="xml"$>">
    <mt:ContentField content_field="本文"><mt:ContentFieldValue remove_html="1" escape="xml"></mt:ContentField>
  </content>
</entry>
</mt:Contents>
</feed>

(2)MT-configに環境変数を設定します。

#======== MT-IFTTT ===================
IFTTTFeedFile test/rss.xml

インデックステンプレートで作成したファイル名を登録します。

(3)作成したRSSファイルが設置されているBlog IDをIFTTTに登録します。

https://your-domain/your-mt/mt-data-api.cgi/v1/sites/1

環境変数が設定されていない場合は以下にアクセスすると配下にあるブログ記事の情報が出力されますが、
環境変数を設定していると登録したRSSの内容が出力されます。

出力内容は以下で確認することが可能です。

https://your-domain/your-mt/mt-data-api.cgi/v1/sites/1/feed/

MT-IFTTT 製品紹介ページ

https://www.wim.jp/plugins/mt-ifttt.html

評価利用はこちらから

https://www.wim.jp/contact/

「MT-IFTTTを使ってみたい」とご連絡いただければ、評価用のパッケージをお送りさせていただきます。

株式会社ワールドイズマインとは

ワールドイズマインでは企画からデザイン、コーディング、CMS構築、さらにはグラフィックデザインから印刷までの領域でサービスを提供しております。

制作実績はこちらから
https://www.wim.jp/works/

MTRS(MT リモートサービス)

「MTRS(MTリモートサービス)」は有償でインストール環境の設定からMovable Type のアップグレード・セキュリティ対策・構築後のサイト稼動監視までをオンラインで幅広くサポートしています。

サービス紹介ページ
https://www.wim.jp/services/mtrs.html

前へ

「あったらいいな」MTRSが提供するMovable Type プラグイン「MT-MCTField」の紹介